読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つな缶の中継ぎ

大学生 ぬるま湯に浸かったような人生を謳歌中 写真と映画が好き

揺れる電車内

大学の帰りにむしょうに遠回りしたくなる時がある。遠回りできない一直線の電車で帰れるから、せめてもの抵抗で各駅停車で帰ってみる。

 

一駅ごとにあく扉から寒風が吹きこみ、足が冷える。

日が傾いて、ちょうど眩しい。

一列の電車に一人くらいしか座っていない。

通過する公園には誰もいない。

 

こんなときに一瞬だけ将来の夢とか、心配とか、レポートの締め切りとか、今日の夕飯とか、一切の思考が真っ白くなる。

目の前の通過する出来事しか頭に入ってこなくなる。

 

多分、いつも私たちは考えすぎているのかもしれない。

たくさんの考え事に支配されて、何か重要なことを通過しているのかもしれない。

 

はっとしたときに最寄駅についている。心がコポコポ満タンになる音がする。

エナジーチャージ、完了。

つな缶